平成30年7月14日(土)17時~
足立区医師会小児科医会学術講演会を行ないました。

_20180806_072850


講師はわれらが小児科医会の田島剛先生です。
田島先生は博慈会記念総合病院副院長でいらっしゃり、
また今月から足立区医師会理事もして下さっています。

『ロタウイルスワクチンの最新情報と
話題の麻疹患者に対する初期対応』
と題して御講演いただきました。

IMG_4440

講演の冒頭に、今春行われた江北五色桜観桜会のスナップ写真を映して下さいました。
足立区医師会8地区の地区長清水博史先生(しみず医院)が主催してくださった観桜会で、父・木村繁が案内役をさせていただきました。
江北五色桜については別に書きたいと思いますが、桜を楽しむだけではなく、桜に関わった人と人とのつながりのドラマが素晴らしいのです。
足立区で有名なのは芸人さんや焼肉屋さんだけではありません。
素晴らしい歴史があるのです。
田島先生がそれを理解してくださって宣伝してくださったのが嬉しかったです。
「来年は皆で桜を見に行きましょう!」とおっしゃってくださいました。

さて御講演ですが、
昨年足立区ではロタウイルス感染症の流行があったとのことです。
重症例やワクチン接種歴などについての報告を詳細にして下さり、あらためてロタウイルスの恐ろしさを再確認いたしました。
ロタウイルス感染症は下痢をするだけの病気ではありません。
重症例では、腸重積、脳症、腎不全になってしまうこともあり、命を落とすこともあるのです。
感染拡大を防ぐための消毒にはアルコールは効かないので、具体的な消毒薬も教えていただきました。

麻疹についても詳細な説明をしていただきました。
もし麻疹の患者さんが外来にいらしたら、その患者さんと接触した方の中でワクチン未接種の人たちに72時間以内に予防接種を受けてもらえば発病予防できる可能性が高いのです。しかしその接種を受けてもらうために患者さんに電話をかけまくったりと大変な努力が必要です。

そもそも麻疹を発症初期に診断することは、現代では困難なことも理解しました。
発疹が出るのは発熱後3日目頃です。
診断がついた頃には周りに感染が広がっているのです。
でも予防接種をきちんと2回受けていれば発症しない確率が高いです。
麻疹の診断技術を高めることよりも予防接種の接種率をなるべく100%に近くすることが重要なのですね。

ロタウイルスも麻疹もおたふくかぜも、ウイルスに対する直接の治療法はないので、すべて予防接種が重要です。
田島先生のお言葉で大変胸を打たれたのは、
「住んでいるところが違うというだけの理由で、予防接種を受けられる子どもと受けられない子どもがいるという不公平が発生するなんていうことはあってはならないと思います。」とおっしゃったことでした。
足立区だけでなく全国レベルでの小児医療のお仕事をされていらっしゃる田島先生のお言葉だからこそ、重みを感じました。

自治体によって予防接種の費用の負担が違うワクチンがあります。
足立区ではロタウイルスワクチンに対する公費負担はありません。
足立区では公費負担がないにも関わらず、高額なロタウイルスワクチンを接種するお子さんが近年増えてきたことを田島先生は感激していらっしゃいましたが、もっともっと接種率を高めなければなりません。

田島先生の熱い想いが溢れ出るような御講演でした。


講演会後に懇親会を行ないました。
_20180806_053324
(写真左:長谷川裕美先生、中央:田島剛先生、右:木村康子)


IMG-4476 (1)
(ジャパンワクチン小野さん、奥田隆博先生、長谷川裕美先生、木村康子)



中締めのご挨拶は勝楽堂病院の芦田光則先生にしていただきました。
IMG_4466
芦田先生のご挨拶のおかげで会が引き締まりました。


最後に残ったメンバーで集合写真。
途中でお帰りになった先生方もいらっしゃるので、今度から最初に集合写真を撮ろうかと思います。
IMG_4469

田島先生、皆様、ありがとうございました。
次回の小児科医会の学術講演会は11月3日(土)に行います。
よろしくお願いいたします。

足立区医師会小児科医会のバナーを作りました。

adapedbana

写真のワンちゃんたち、かわいいけれども少し大人びた表情をしていると思いませんか?

小さいながらに色々なことを感じ、考えているのです。

そして未来の方角を見つめています。

足元のおもちゃが気になって仕方ない子もいます。

小児科の患者さんも同じですね!

そのような気持ちからこの写真を選びました!



ちなみにこのワンチャン、何歳でしょうか。

答えは…

0歳です!



そして実は、このワンちゃん達は、

0歳にして大きな病気をしました。

入院経験者です。



入院している最中はとても弱々しくて可愛そうでしたが、

退院後は元気に飛び跳ねています!

小児科の患者さんたちと重なります。



足立区小児科医会の次回の学術講演会は、7月14日(土)17時~です。

博慈会記念病院の田島剛先生が、麻疹とロタウイルスについて御講演くださいます。

事前申し込み制です。

よろしくお願いいたします。



2018年6月25日(日)にパシフィコ横浜で開催された

第29回日本小児科医会総会フォーラムに参加してきました。


足立区医師会小児科医会のメンバーであり、

日頃たいへんお世話になっている田島剛先生の御講演を拝聴しました。

ロタウイルス感染症とロタウイルスワクチンについての、

素晴らしいご講演で感激いたしました!

36420369_1114030498736158_8713204044635570176_n

田島先生の講演会を足立区でも開催します。

2018年7月14日(土)

足立区医師会小児科医会学術講演

『ロタウイルスワクチンの最新情報と話題の麻疹患者に対する初期対応』



参加費無料です。

申し込み制です。

医療従事者の方ならご参加いただけます。

詳しくは足立区医師会か木村耳鼻咽喉科小児科医院にご連絡ください。

足立区医師会 電話 03-3840-2111

木村耳鼻咽喉科小児科医院 電話 03-3896-3387


医師会の会員の皆様には、定期便でお送りした案内状で、

FAXなどでお申し込みください。


たくさんの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

よろしくお願いいたします。



今年3月に沖縄から始まった麻疹の流行ですが、
6月11日に終息宣言が発表されました。

足立区内では麻疹患者さんは発生しませんでした。

しかし夏休みの海外旅行、2年後のオリンピックなど、
これからも麻疹の流行を心配する状況は続きます。

予防接種を受けていないお子さんたちは、なるべく早く接種を受けましょう!
麻疹にかかると麻疹ウイルスに対する治療薬はありません。
ワクチン接種をすることが重要なのです。

定期接種(公費負担)で接種できます。

<MRワクチンの定期接種の期限>
1回目:1歳~2歳になる前日。
2回目:就学前の年で(5歳)、3月31日まで。
(いずれも予診票に期間が記入されています)


この期間を過ぎてしまっても、2歳~高校生の年齢までは、
足立区では公費で最大2回まで接種を受けられます。(2018年6月現在)

予診票に書いてある期間以外でも、足立区では公費で受けられるということです。

保健センターなどで手続きをして、指示された予診票の準備をお願いします。

正しい予診票と、母子手帳を準備して接種に行きましょう。

医療機関によっては予約が必要ですので、各医療機関にお問い合わせの上で受診して下さい。

学校、幼稚園、保育園の先生方へ。
この情報を保護者の方達に是非伝えてあげてください。

よろしくお願いいたします。


会員各位

次回の医会は、7月17日(土)に行います。

詳細は、
メール、FAX、LINE、Facebook、郵送、手渡しなどでお知らせします。

よろしくお願いいたします。

現在アデノウイルス感染症が流行中です。

アデノウイルスは、咽頭結膜熱の原因感染症です。

プール熱という通称でも知られていますが、
プールに入っていなくても感染します。

咽頭結膜熱の症状は、
「咽頭・結膜・熱」ということで、
「のどが赤い・痛い、目の結膜が赤い・めやに、急な発熱」という症状が有名です。

昔は症状で診断していたのですが、最近では迅速検査を行うことができます。
のどや鼻の奥を綿棒でこすって、ウイルスを検査します。
15分くらいで結果が出ます。
インフルエンザと同じような検査ですね。

インフルエンザと同じく、検査をしなくても、
症状やのどを見ただけで診断できる先生もいらっしゃいます。

目の症状がない場合もあります。

現在流行っているのは、
目の症状がなくて、「発熱と咳」「発熱と喉の痛み」というタイプのものです。

目の症状がなくとも、アデノウイルス感染症の検査で陽性になったら、
咽頭結膜熱(プール熱)として登園・登校禁止になります。

登園・登校できるようになるのは、
「主要症状が消退後、2 日を経過するまで」
が目安になっています。

熱が下がってもさらに2日間も登園・登校できないのですから、
お子さんがすごく元気な経過な場合には、親御さんは大変ですよね。

でも、重症化してしまうお子さんもいらっしゃるので、
感染拡大防止のために十分にお休みしていただきたいと思います。

さて、すっかり元気になってから、
登園・登校の許可証をもらうために医師の診察が必要です。

登園・登校許可証ですが、学校保健安全法で定められた疾患については、
足立区では診断書の代金は発生しません。

登園登校許可証1

もしも診断書代金の請求があった場合にはお知らせください。
(足立区医師会あるいは木村耳鼻咽喉科小児科医院へ)

アデノウイルス感染症について情報提供をして下さいました会員の
岡田拓也先生(あおぞら赤ちゃん子どもクリニック)、
誠にありがとうございました。

また、御指導いただきました東京都医師会および足立区医師会の予防接種委員会委員長
和田紀之先生(和田小児科医院
誠にありがとうございました。

アデノウイルス感染症について詳しく知りたい方はこちらへ。(東京都感染症情報センター)

平成30年5月27日(日)

三上健太郎先生が6月1日から開院される
三上こどもクリニックの内覧会に伺わせていただきました。

IMG_0873

このたび足立区医師会小児科医会に入会してくださいました。

日本小児科学会が認めるところの小児科専門医と、
日本アレルギー学会が認めるところのアレルギー専門医を持っていらっしゃいます。


sketch-1527433951991

きれいなクリニックで羨ましかったです!
感染症対策の隔離のお部屋や、広いトイレ。
そしてなんと授乳室(3組くらい入れる広さ!)まであります!
なんてお優しい先生なのでしょう。

足立区六町、加平小学校の目の前です。
エレベーターで3階です。
_20180528_001646


6月1日からのご開院、誠におめでとうございます。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

平成30年5月12日(土)
懇親会を行ないました。
当会の先生方は皆さん真面目で、講演会や勉強会後に飲みに行くということはなく、ささっと帰られてしまいます。
そこで、もっとコミュニケーションを深めようという目的で、懇親会を行うことになったのです。
今回が1回目です。
場所は梅島駅徒歩2分のお蕎麦屋さん「本郷」。
DSC_3506

予算、人数、目的を伝えて、何か美味しいものをとお願いしました。
お蕎麦屋さんらしからぬイタリアンな前菜から始まり最後にはケーキまで。美味しかったです!
美味しいお食事と、色々と出してきてくれる日本酒のおかげで話がはずみました!
本郷さん、ありがとうございました!

参加者は、今回新たに入会してくださった2名の先生。
草野智之先生と三上健太郎先生。
それから医会には入っていないけれども参加してくださった、
眼科の今井良枝先生、女子医大東医療センター新生児科の長谷川久弥教授。
そして長谷川裕美先生、奥田隆博先生、千葉康之先生、木村康子(私)、です。

大変楽しかったので、懇親会はマメにやりましょうということになりました。
次回の懇親会は7月にやりたいという希望をいただきました。(日程未定です)
DSC_3498
奥田隆博先生、草野智之先生、長谷川久弥先生、長谷川裕美先生。
DSC_3499
今井良枝先生、木村靖子、三神健太郎先生、千葉康之先生。
DSC_3492
長谷川先生御夫妻。

足立区医師会小児科医会のHPはこちらです。

このたび2名の先生が足立区医師会小児科医会に入会してくださいました。

草野智之先生
草野クリニック
足立区扇3-25-8
電話 03-5838-2886

三上健太郎先生
三上こどもクリニック(平成30年6月1日開院予定)
足立区六町2-7-21サンテシアビル3階
電話 03-5831-1011

どうぞよろしくお願いいたします。

これで会員数39名、うち小児科専門医は23名です。
秋にはもうお一人、小児科専門医の先生が開院予定です。
仲間が増えて頼もしいです!

平成30年4月19日(木)
世話人会を行ないました。
 写真は前列右手から千葉昭典先生、荻原玲一先生、私(木村康子)、芦田光則先生、
後列右側から泉田京子先生、森川由紀子先生、和田紀之先生、中西隆先生、です。
他、世話人には清水博史先生、田島剛先生、鈴木里香先生、千葉康之先生がいらっしゃいますが、本日はご都合が悪く欠席でした。 
この日に決定した内容についてはまた後日に報告します。足立区小児科医会世話人会20180419

↑このページのトップヘ