平成30年9月3日(月)に、小児科のクリニックが開院されました。

おおつぼ小児科という診療所です。

梅島駅から徒歩7分。
〒123-0851 東京都足立区梅田6-31-11
電話 03-3840-7773

大坪主税(おおつぼちから)院長先生、ご開院おめでとうございます!

41725388_1192198717586002_6247020788046626816_n

ロゴマークがしろくまさんで、飾ってあるバルーンもクマさんでした!かわいい~!

院長先生は背が高く体が大きくて、いつもニコニコと笑顔でいらっしゃいます。

くまさんのように、大きくて暖かくて、頼れるイメージですね!

日本小児科学会の小児科専門医でいらっしゃり、そして新生児科を専門としていらっしゃいました。


私見かも知れませんが、新生児科の先生は本当に優しくて人格者ばかりだと思います。

へんみ赤ちゃんこどもクリニックの邉見先生の記事にも少し書きましたが、

本当に新生児科の先生を尊敬しています。


新生児室は、赤ちゃんの保温のために室内の温度は高めに設定されています。

そして感染症予防のために、室内ではガウン、マスクを着用します。

体の大きなドクターが新生児ルームでガウン&マスクで仕事をしていらっしゃると、

汗びっしょりになってしまいます。

でもそんな体の大きなドクターほど、いつもニコニコしていらっしゃったた記憶があります。


赤ちゃんの生死に関わる重大な場面も多くあります。

点滴の管理、呼吸器の管理、小さな赤ちゃん相手だと大変です。

難しい先天性の病気も多いため、英語論文を読むなど常に勉強していらっしゃいます。

優秀で優しくて、そして体力がないと出来ないお仕事です。

本当に頭が下がります。


そんな素晴らしい新生児科の小児科専門医の先生が、足立区に開院してくださいました。

大坪先生、これからどうぞよろしくお願いいたします!

大坪先生は足立区医師会予防接種の講演会にも参加して下さいました。

大坪先生のご略歴です。
東京慈恵会医科大学をご卒業。
東京慈恵会医科大学の附属病院を勤務:本院、青戸病院(現葛飾医療センター)、柏病院。
都立母子保健院新生児科、神奈川県横浜の汐見台病院小児科にも勤務されました。
そして
米国ピッツバーグの小児病院に留学もされたのですね!

英語のできる先生は心強いですね!

都立母子保健院で勤務していらしたとのことで、私との共通の経験があり、嬉しいです!

(別のブログにも書きました→こちら


足立区医師会小児科医会にも入会していただきました。

足立区医師会小児科医会バナー小



足立区医師会小児科医会は、これで会員41名、うち小児科専門医が25名になりました。

新入会の先生だけでなく、会員先生のご紹介をこれから少しずつしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。