カテゴリ: 講演会

平成30年12月4日(火)20時~21時。
足立区医師会館3階にて、学術講演会が行なわれました。

タイトルは、
「足立区における子どもの貧困と虐待 ~見逃していませんか?こんなサイン~」
IMG-9632
講師は、
東京医科歯科大学、国際健康推進医学分野の藤原武男教授です。

IMG-9684
座長は、
博慈会記念総合病院副院長、小児科部長の田島剛先生です。


早川貴美子副会長の発案で行われた講演会で、
足立区医師会の学術部、学校医部、保育園・幼稚園医部、足立区医師会小児科医会の共催で行なわれました。

赤ちゃんの揺さぶられ症候群のショッキングな映像から、足立区での残念なデータなど詳しく説明して下さり、虐待を防止するための実際的なアドバイスを御講演いただきました。
子供だけの問題ではなく、大人になっても、高齢者になっても影響を色濃く残してしまう様々なデータを見せていただき、自分は関係ないと思わないことが重要だと痛感しました。

詳しくは木村康子の個人ブログでも紹介いたしました。

医師だけでなく、保育園の園長先生、看護師さん、
行政からも足立区の子育てに関わるたくさんの方が参加されて、大変有意義な会でした。

IMG-9681
左から池上先生、講師の藤原教授、博慈会記念病院の院内保育士である河野先生、座長の田島先生。


IMG-9685 (1)
左から、千葉康之先生、千葉昭典先生、講師の藤原教授、木村康子。


IMG-9674

IMG-9675

平成30年11月3日(土・祝)17:00~18:20
足立区医師会小児科医会の学術講演会が行なわれました。
タイトルは、
「こども漢方服薬指導~心も体も元気いっぱい!~」
講師は、
さかざきこどもクリニック院長、坂崎弘美院長先生です。
大阪からお招きしました!
45339973_650395518690350_7438826117642846208_n

坂崎先生は、ご著書の「フローチャートこども漢方薬-びっくり・おいしい飲ませ方」で有名です。
坂崎先生こども漢方著書

とにかく元気いっぱい、愛情いっぱい、魅力いっぱいの先生で、
患者さんやその親御さんの為に一生懸命でいらっしゃるのに胸を打たれます。
45457317_650394525357116_2775549299948257280_n

漢方薬を混ぜて作ったクッキー、ハンバーグ、チョコレート、お味噌汁、などを
大阪から手作りして持ってきてくださいました!
45424898_650394472023788_7844876659428687872_n
45443467_650394378690464_2152699348910080000_n
45312654_650394408690461_1976266254213709824_n
45379002_650394425357126_7985268042139435008_n

漢方薬を〇〇に混ぜて飲むとどんな味?の試飲会も盛況でした。
45238267_650395168690385_6754175121973313536_n
45370965_650394858690416_2818246858327982080_n


そして我が足立区医師会小児科医会は、2018年11月で発足から30年を迎えます。
記念すべき講演会でした。
45553246_650395608690341_2312109813175156736_n

前足立区医師会小児科医会会長の千葉昭典先生からご質問。
いつも最前列で熱心に聞いてくださいます。
千葉昭典先生が当会の発足から昨年3月まで、28年間という長期間、会長として会を維持してくださいました。
現在も色々とご指導くださっています。そのきめ細やかな配慮には頭が下がります。
心から感謝申し上げます。

参加してくださった医師、看護師、薬剤師、鍼灸師の皆様。
誠にありがとうございました。
45302931_650395678690334_5730907964089303040_n
集合写真!

日本小児漢方懇話会の代表、森蘭子先生も参加してくださいました!
小児漢方四姉妹
日本漢方懇話会の4レディース。
(写真は日本漢方懇話会フォーラム2018より)
左から坂崎弘美先生、森蘭子先生、木許泉先生(広瀬滋之先生のお嬢様)、木全かおり先生。
今年の日本小児漢方懇話会フォーラムも盛会で素晴らしかったですね!
来年は、2019年7月14日、東京丸の内で開催予定です。(場所は未定)
ご参加よろしくお願いいたします!

2018年6月に、WHOが国際疾病分類ICD-11を発表し、
そこに「伝統医学」という新しい章が追加されました。
東洋医学が世界に認められた記念すべき年です。
皆さま、東洋医学を勉強する仲間にぜひ入ってくださいね!

以下、講演会後のスナップ写真。
45406103_650395702023665_271148015610232832_n

45418590_650398485356720_4210517114995343360_n

45297493_650395795356989_8433260485758943232_n

ちなみに、私が着物で参加した理由は2つあります。

一つは小児科医会30周年をお祝いする気持ちから。

もう一つは、
「着物着るのって大変じゃない?」
「漢方薬を処方するのって大変じゃない?」

この二つの質問は似ているなあと思ったので。

「昔はみんな着物を着ていました。」
「昔はみんな漢方薬で治療していました。」

こういう風に答えたいと思います。

もちろん現代では、西洋医学を基本として診療、治療を行うことが大切です。
そして漢方薬も正しく使わないと副作用があります。
両方を勉強していただくことが必要です。

でも、東洋医学の知識があると患者さんに喜んでいただけることが多いと思います。
「西洋医学的には異常はありません。出せる薬もありません」という言うよりも、
「この漢方薬で少し楽になると思いますよ。」と患者さんに寄り添った気持ちでいることが大切なのではないでしょうか。

今回の講演会は連休の初日という日程で大変申し訳なかったのですが、
とても良い会になったと思います。
坂崎先生、皆様、本当にありがとうございました。

記:木村康子

先日お知らせしました講演会案内の詳細です。


足立区医師会小児科医会学術講演会
2018年11月3日(土・祝)17時~18時
特別講演:『こどもの漢方薬の飲ませ方 ~心に効く漢方~(仮題)』
講師:坂崎弘美先生  
さかざきこどもクリニック院長)
主催:足立区医師会小児科医会
対象:医師、薬剤師、看護師、医療機関スタッフ、こどもに関わるお仕事の方。
場所:足立区医師会館3階ホール

当会は1988年11月に当会は発足しました。
発足からちょうど30年の記念すべき講演会です。
大阪から元気いっぱいの美人小児科医をお招きします。

坂崎先生は、こどもに漢方薬を飲ませる方法についてのご著書もある先生です。
坂崎先生こども漢方著書
この本には漢方薬の具体的な飲ませ方が写真付きで丁寧に説明されています。
漢方薬の選び方についても、チャート式でわかりやすいです。
坂崎先生近影御著書より
坂崎先生のプロフィール。笑顔いっぱいですね~!
漢方大好き、踊る小児科医♪ と自己紹介していらっしゃいます。
サイン本坂崎先生
サインをしていただきました。お好きな言葉をとお願いして書いていただきました。
「いつも明るく元気で!」
坂崎先生、名言実行されていらっしゃいます。本当に魅力的な先生です!

さて、
今回この講演会をお願いした理由です。

漢方薬の講演会には数多く参加させていただいていますが、
会場から毎回のように、
「子どもって、漢方薬を飲めるのですか?」
「どうやって飲ませるのですか?」
という質問があるのです。

漢方薬をあまり処方されたことがないのかしら?と残念に思います。
大人よりも子どもの方が漢方薬を飲めることが多いと思うのですが。

そもそも漢方薬だけでなく、
他の薬(西洋薬)も飲めないお子さんはたくさんいらっしゃいます。
保護者にどうやって薬を飲ませるかを指導するのは、小児科医の仕事だと思います。

医療機関によっては看護師さんのお仕事でしょう。
薬剤師さんも服薬指導にがんばっていらっしゃいます。

とはいえ、漢方薬を飲ませるのは大変という
世間の大多数の声があることも確かです。
具体的にどうアプローチするのか、坂崎先生に御講演いただこうと思います。

実際にお子さんに服薬させるのは保護者の方ですので、
保護者を励ますことも大事だと坂崎先生はおっしゃいます。
いつもたくさんの愛とパワーにあふれる坂崎先生の御講演を、
たくさんの方に聞いていただきたいと思います。

11月3日(土・祝)17時より。
祝日に申し訳ありません。
参加費無料です。
申し込み方法を後日アップします。


坂崎先生は、小児漢方の古くからの仲間です。
先日行われた第2回日本小児漢方懇話会フォーラムでも、坂崎先生のご講演がありました。
手作り漢方クッキーや漢方ハンバーグを会場の皆様にふるまわれていていました。

1534075457198
第2回とありますが、前身は2000年に設立された日本小児漢方交流会で、
今年で通算18年目になる会です。
名古屋の広瀬クリニックの前院長、広瀬滋之先生が設立された会です。


小児漢方四姉妹
写真は小児漢方会で有名な女医さん4人。
小児漢方 Four Ladies です。(四姉妹と呼ぶ声も)
左から坂崎弘美先生、森蘭子先生木許泉先生(広瀬クリニック院長)、木全かおり先生


坂崎先生座長
座長をされる坂崎先生。いつも笑顔です。

ではでは皆様、11月3日(土・祝)17時~。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


足立区医師会小児科医会バナー小

3つの講演会のお知らせです。

1.『予防接種の最新情報(仮題)』
2018年10月4日(木)19:30または20:00~
講師:和田紀之先生
(和田小児科医院院長)
主催:足立区医師会予防接種委員会
対象:予防接種担当医師、医療スタッフ

足立区医師会では、小児の定期接種を行うにあたり、
予防接種委員会が指定した講演会に
毎年、年に1回は、予防接種担当医師に参加をお願いしています。
この講演会は予防接種委員会の指定する講演会です。
看護師、事務の方にも講演を聞いていただけると嬉しいです。
しかし予防接種委託医療機関の更新に必要な予防接種担当医師の参加の
代わりにはなりませんのでご注意ください。


2.『こどもの漢方薬の飲ませ方 ~心に効く漢方~(仮題)』
2018年11月3日(土・祝)17時~
講師:坂崎弘美先生 
さかざきこどもクリニック院長)
主催:足立区医師会小児科医会
対象:医師、薬剤師、看護師、医療機関スタッフ

当会は1988年11月に当会は発足しました。
発足からちょうど30年の記念すべき講演会です。
大阪から元気いっぱいの美人小児科医をお招きします。


3.『児童虐待の現状について(仮題)』
2018年12月4日(火)19:30または 20:00~
講師:藤原武男先生 
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野(公衆衛生学)教授
主催:足立区医師会学術部、学校医部、保育園・幼稚園医部、足立区医師会小児科医会
対象:医師、看護師、保健師、保育士、養護教諭、ほか子どもに関わる仕事の方。

児童虐待の実際のお話をしていただきます。
医療ネグレクトについてもお話いただきたいと思っています。
医療ネグレクトとは、お子さんに必要な医療を受けさせないことをいいます。
乳児検診や予防接種を受けさせていないとか、
健康診断で医療機関への受診勧告をしているのに受診させないとか、
発熱や下痢で集団保育をさせられない状態であるのに保育園に連れて行ってしまうとか、
です。
「え?そのくらいのことで?」「だってどうしても仕事を休めなくて…。」
「私はうちの子を十分可愛がっています!」と、保護者の方から反論が来そうです。
どうしたらよいのか、じっくりお話を聞きたいと思います。


3つの講演会の会場は、いずれも足立区医師会館3階ホールです。
参加費無料です。
お申し込み方法などは医師会から会員定期便にてお知らせしますが、
来月以降になってしまいますので、早めにお知らせしておきます。

一般の方への講演会ではなくてごめんなさい。

足立区医師会小児科医会バナー小

平成30年7月14日(土)17時~
足立区医師会小児科医会学術講演会を行ないました。

_20180806_072850


講師はわれらが小児科医会の田島剛先生です。
田島先生は博慈会記念総合病院副院長でいらっしゃり、
また今月から足立区医師会理事もして下さっています。

『ロタウイルスワクチンの最新情報と
話題の麻疹患者に対する初期対応』
と題して御講演いただきました。

IMG_4440

講演の冒頭に、今春行われた江北五色桜観桜会のスナップ写真を映して下さいました。
足立区医師会8地区の地区長清水博史先生(しみず医院)が主催してくださった観桜会で、父・木村繁が案内役をさせていただきました。
江北五色桜については別に書きたいと思いますが、桜を楽しむだけではなく、桜に関わった人と人とのつながりのドラマが素晴らしいのです。
足立区で有名なのは芸人さんや焼肉屋さんだけではありません。
素晴らしい歴史があるのです。
田島先生がそれを理解してくださって宣伝してくださったのが嬉しかったです。
「来年は皆で桜を見に行きましょう!」とおっしゃってくださいました。

さて御講演ですが、
昨年足立区ではロタウイルス感染症の流行があったとのことです。
重症例やワクチン接種歴などについての報告を詳細にして下さり、あらためてロタウイルスの恐ろしさを再確認いたしました。
ロタウイルス感染症は下痢をするだけの病気ではありません。
重症例では、腸重積、脳症、腎不全になってしまうこともあり、命を落とすこともあるのです。
感染拡大を防ぐための消毒にはアルコールは効かないので、具体的な消毒薬も教えていただきました。

麻疹についても詳細な説明をしていただきました。
もし麻疹の患者さんが外来にいらしたら、その患者さんと接触した方の中でワクチン未接種の人たちに72時間以内に予防接種を受けてもらえば発病予防できる可能性が高いのです。しかしその接種を受けてもらうために患者さんに電話をかけまくったりと大変な努力が必要です。

そもそも麻疹を発症初期に診断することは、現代では困難なことも理解しました。
発疹が出るのは発熱後3日目頃です。
診断がついた頃には周りに感染が広がっているのです。
でも予防接種をきちんと2回受けていれば発症しない確率が高いです。
麻疹の診断技術を高めることよりも予防接種の接種率をなるべく100%に近くすることが重要なのですね。

ロタウイルスも麻疹もおたふくかぜも、ウイルスに対する直接の治療法はないので、すべて予防接種が重要です。
田島先生のお言葉で大変胸を打たれたのは、
「住んでいるところが違うというだけの理由で、予防接種を受けられる子どもと受けられない子どもがいるという不公平が発生するなんていうことはあってはならないと思います。」とおっしゃったことでした。
足立区だけでなく全国レベルでの小児医療のお仕事をされていらっしゃる田島先生のお言葉だからこそ、重みを感じました。

自治体によって予防接種の費用の負担が違うワクチンがあります。
足立区ではロタウイルスワクチンに対する公費負担はありません。
足立区では公費負担がないにも関わらず、高額なロタウイルスワクチンを接種するお子さんが近年増えてきたことを田島先生は感激していらっしゃいましたが、もっともっと接種率を高めなければなりません。

田島先生の熱い想いが溢れ出るような御講演でした。


講演会後に懇親会を行ないました。
_20180806_053324
(写真左:長谷川裕美先生、中央:田島剛先生、右:木村康子)


IMG-4476 (1)
(ジャパンワクチン小野さん、奥田隆博先生、長谷川裕美先生、木村康子)



中締めのご挨拶は勝楽堂病院の芦田光則先生にしていただきました。
IMG_4466
芦田先生のご挨拶のおかげで会が引き締まりました。


最後に残ったメンバーで集合写真。
途中でお帰りになった先生方もいらっしゃるので、今度から最初に集合写真を撮ろうかと思います。
IMG_4469

田島先生、皆様、ありがとうございました。
次回の小児科医会の学術講演会は11月3日(土)に行います。
よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ